CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
WEBSITE
Twitter
MOBILE
qrcode
<< 6月スタンダードプランの打ち合わせでした | main | 今日は和装前撮りです! >>
持ち込みウェディングフォトグラファーのメリット
0
    持ち込みウェディングフォトグラファーとして、会場付きのウェディングフォトグラファーとしてどちらの立場でも結婚式の写真を撮ってきて、持ち込みウェディングフォトグラファーを選ぶメリットを改めて一度書いておきたいと思います。

    「安定感」 

    まず、持ち込みのウェディングフォトグラファーは経験が豊富で写真が安定しています。色々な会場へ行き、様々な人と交流を持っていて、コミュニケーションのプロでもある。だから写真を任せても安心できるということが大きいです。もちろん自信があるから独立したわけですし、仕事においてはプロ意識を高く持っている人がとても多いです。
    式場と契約しているカメラマン派遣の会社にもよりますが、学生がアルバイトでやっているようなところもあります。会場についているカメラマンは、ピンキリと言えると思います。

    「安心感」

    会場についているカメラマンが、会場での打ち合わせから参加しないところも多くあります。
    我々フリーランスのウェディングフォトグラファーは打ち合わせの段階でしっかりお客様とコミュニケーションをとります。距離感を縮められることで当日の緊張感を取り除き、いい表情を撮ることができるのです。

    Knotにご依頼いただいた場合はお客様の専属カメラマンという気持ちでお客様にいていただければと思っております。そして、殆どのお客様には気軽になんでもお話しいただける友人のような感覚で接して頂いております。

    「安い」

    会場に依頼した場合のカメラマンは指名すれば指名料を取られてしまいます。かといって、先ほど書いたように学生のアルバイトのようなカメラマンが来ることもあるし、研修中上がりのカメラマンにあたることさえあります。もちろんベテランの素晴らしいカメラマンにあたることもあると思いますが。

    一生に一度の大きな晴れの日です。写真を重視されているご新郎ご新婦様は多いと思います。

    持ち込み料を支払っても持ち込みカメラマンの方が安く値段を設定していることが殆どです。knotもそうですが、アルバムの制作をしているところや、ムービーも取れるところもあります。トータルで金額を式場に全て依頼する場合と比べますと、かなり抑えることができると思います。


    この三つの「安」が持ち込みウェディングフォトグラファーにはあると思います。knotはこの三つの「安」を柱にしてウェディングフォトグラファーとしてお客様に接することを最も大切にしています。持ち込みカメラマンのメリットはお客様にとってかならずプラスになるものだとKnotは考えております。

    ウェディングフォトは是非気軽にknotへお問い合わせ、ご依頼くださいませ。

    JUGEMテーマ:ウェディングフォト
    | ウェディングのこと | 09:56 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする