CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
WEBSITE
Twitter
MOBILE
qrcode
<< デスクサイド | main | 1月 >>
今年を振り返って
0

    先ほどラストラン10kmを走り終えて、確定申告の準備などをゆっくり進めていました。

     

    年明けは3日に会食が入りまして、7日から撮影が始まります。

    オペレーターも11日から仕事が始まります。

    来年はスタートが早い印象です。

     

    今年を振り返って、もうこのタイトルで書いているのが信じられないくらいあっという間に過ぎ去った一年でした。私はやるべきことはやり切ったと思います。一年の自分の仕事には満足しています。

     

    Knotにとって一番大きかった出来事は、なんと言っても音響事業をスタートしたことです。

    全く未知の世界へと私は足を踏み込んだばかりか、その道のプロの方たちのコーディネートをすることになりました。ただ大切な方から譲られた大切な事業ということで私なりに全力を尽くし、オペレーターを集め、彼らが安心して仕事ができる環境、また取引先がKnotのオペレーターに満足していただけるようにしてきたつもりではあります。

     

    本当に暗闇の中を手探りで歩いていくような感覚が私の中にはありました。

    初年度ということで至らない点が多々あったかと思いますが、なんとか形にすることができたのではないかとホッとしています。

     

    逆に、正直に言って写真事業に関しては音響事業に注力したため、多少おざなりになってしまったと思います。

    私が一人でどちらもやっていたということで、婚礼繁忙期の9月から11月までは目が回るような三ヶ月でした。

     

    写真事業がおざなりになったとは言えど、私はほぼ毎週末結婚式の撮影はしていました。

    アシスタントが繁忙期前に急遽辞めることとなり、育てていただいたクライアントに対して迷惑をかけたので、その穴を埋めなくてはいけないということもあり、婚礼の撮影にはほとんど出ていました。それと音響事業とのバランスを取るのがなかなか難しかったところがありました。身体が二つあったらと思うことが多々ありましたが、その状況をクリアしていくことというのは個人的にとても勉強になりました。泣き言なんて言ってられない状況というのは人をどんどん強くしていきますね。

     

    来年の目標としてはまだまだオペレーターが足りないということで、音響事業においては信頼して任せられるオペレーターを増やしていくこと。

     

    写真事業に関しては、婚礼以外の仕事も視野に入れて事業を拡大していきたいと思っています。

     

    個人的な目標は、ランニングを続け、体を鍛えること。お酒を飲みすぎないこと。余裕が出てきたらしっかり休みを取ることかなと思います。まあまだ休みはなくても大丈夫ですが、来年私いよいよ40に突入してしまうので、そろそろきちんと健康に気をつけないといけないと思っています。今現在5人のスタッフの生活が私の肩に乗っているわけで、病気や怪我などで伏せるわけにはいきません。

     

    今年私は人を本格的に雇うことになり、仕事に対する意識は雇用される個人のフォトグラファーから、経営者へと変わりました。人を雇うという責任を背負うことは、良い緊張感を私に与えてくれています。

     

    Knotとしては、これからずっと変わらない理念として、従業員やスタッフ、取引先、お客様など仕事を通して関わる人全ての幸せを考えて事業を進めていきます。そして婚礼事業、写真事業を通じて少しでも社会に貢献できるように努力をしていきたいと思っています。これは企業理念として掲げていきたいと思っています。

     

    今年は、音響事業を通じて本当にたくさんの素敵な出会いがありました。

    取引先も多数の事業所があり、それぞれの所長様、スタッフの皆様、そして今いてくれるKnotのオペレーターは、大切な仲間になりました。皆様、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

     

    ブログを読んでくださっている皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

     

    来年もKnotを何卒よろしくお願いいたします。

     

    | 日々のこと | 15:32 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする