CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
WEBSITE
Twitter
MOBILE
qrcode
<< 横浜ランチ | main | 確定申告とyoutube >>
美咲日記3
0

    彼女の資質がどうかっていうことは、さておいて。

     

    僕は今まで生きてきたきっとその辺の人よりはちょっぴり濃密な人生の片鱗を彼女に見せているとは思います。それが彼女の今後の人生にどう影響するのかはわからないけど、ただ美咲に限らずKnotのスタッフは僕にとっては家族と同じ。守るべき存在だなと今日は改めて感じました。

     

    スタッフを大事にしないウェディングフォト業者は選ばれますかね。これに関してはウェディング業界に限らずだとは思いますが。

     

    今後Knotがどうなるかは全く未知数ですが、信頼できる優秀な人間が集まってきてくれてることが現在のKnotの希望です。

     

    今年多くの試練を美咲は掻い潜ることはことは間違い無いのです。辛い思いもたくさんするとは思うのです。失敗することもたくさんあるはずなのですが。失敗が絶対に必要なのです。彼女が失敗をしたら僕が腹を括るつもりでいます。その覚悟がなかったら人を迎え入れちゃダメです。そう言う気持ちで人を雇わなきゃ絶対にKnotの今後はないとも思っています。

     

    人が何かを成すとき時というのは、覚悟が必要です。そこに後ろ盾があればその覚悟が磐石なものになります。

     

    おそらく彼女のフォトグラファーとしての資質は、今年の終わりにはある程度わかるのかなと思います。

     

    仕事に対しての貪欲な姿勢や、ヴィジュアル的な感覚、フォトグラファーの資質というのは様々な要素が統合したものだと僕は思っています。もちろんヘアメイクもそうだし、映像のカメラマンも同様だと思いますが。

     

    20代の半ばまだまだインプットからパーソナリティやセンスが変わる可能性が多大にあります。

     

    こんなにヴィジュアルコンテンツで言うところの最前線の仕事をしていてファッションがダサいカメラマンもたくさんいますが、それはアウトです。人からどう見られるかということを考えていない人の感覚というのは、それを考えている人に比べると確実に低いものです。それでお客様が満足いく商品が提供できますかね。流行を捉えていればおしゃれというわけではないです。結果から言えば、今の時代はもうそういうものを超越したところに感覚があるんじゃないかと僕は思っています。

     

    答えはありません。ただただ、その流行を作り出せるほどの優れた感覚を持つことができなければクリエイターとして生きていけるのでしょうか。というようなことを考えています。

     

    新しい感覚は毎日、毎秒作られていて、それを知ったときに心から喜べる人がこの業界でどんどん推進していけるのでは無いかなと思っています。

     

    彼女があと数年後どういう面構えになっているのかなと想像するとワクワクせざるを得ないのです。

    | 美咲日記 | 00:12 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする