CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
WEBSITE
Twitter
MOBILE
qrcode
<< 美しさの価値について | main | Knotのロケーションフォトについて >>
VOICE
0

     

    二人ともいい顔してるでしょ。

    可愛いですよね。この男性モデルの方は、僕が家族ぐるみで付き合っているんです。昔から知っているのですがこういう風に仕事できちんと関わったのは初めてですが、本当にいい男になったなと撮影していて思いました。その上イケメンなんて無敵じゃないですかね。今後うちのイメージ撮影では撮らせてもらいたいと思ってるので度々登場すると思います。

     

    最近よく聞いているnulbarichというバンドのVOICEという曲のサビのメロディが非常に心地よくて家で仕事してるとずっとリピートしています。シティポップにありそうなちょっとセンチメンタルなメロディ。80年生まれの僕にはこういう音楽はまるで原点回帰するような気持ちになる。とても落ち着くのです。

     

    日本では、チャートを独占するのは大抵耳に残るように作られたポップミュージックばかり、そういう音楽も僕は嫌いではないのだけど、聞き込んでも大抵発見がないし、心地は良くないのですよね。婚礼の仕事をしていると余興などではそういうのを良く聞くことになるのですが、テレビが家にないので披露宴で聞いて、これはなんだろう?と思ってYouTubeで検索して初めて知ったりするのです。

     

    僕はそういう情報に極端に疎いのだけど、この仕事のおかげでなんとかついていけてるという感じです。日本人は昔から流行が好きですからね、間違いなく知ることになる。逆にこういうバンドが音楽が流行ってしまって音楽性が変わってしまったりするのは悲しいから、僕としては別に売れてくれなくても構わない。

     

    僕の感覚を一番刺激してくれるのは音楽かな。

     

    MVも良いので、下に貼っておきます。こういう映像も写真のアイデアになる。アングルとか露出とか。表現方法を得るのにウェディングフォトから得ていたらもうダメだと思いますね。インスタ見ていてもみんなおんなじことやっててつまらないなと思います。

     

    話変わりますが、最近気になっているのが、よくネットでも話題に取り上げられる仕事のAI化。

     

    たぶん写真業に関してはしばらくは大丈夫かなと思ってる。そう簡単にウェディングの撮影はできないと思う。のだけどどうだろう。。よくわかりませんねその時代になってみないと。式場がAIカメラを取り付けて勝手に最高のアングルで撮るっていう。できそうかな(笑)やばいなー。。うーん

     

    ただ間違いないのは芸術の分野に関してはコンピューターが介入できない部分です。人間は想像力で生きていますから。僕の写真は想像力で作っています。だから僕以外の人間には撮れません。これがknotの写真の価値だと思っています。それもどんどん刺激を受けて変化する。これもプログラミングできるのであれば、例えばパーマンみたいに鼻を押したらコピーできるコピーロボットでもできたら話は変わるかもしれないけど。

     

    でもそうしたら、僕はもう仕事をしなくていいですね。コピーロボットにしてもらえばいい。仕事をしなくていい状況になったら僕は旅に出て世界中で自分の好きな写真を撮ります。それはそれでいいね。

     

    芸術性の話で言えば、僕が昔一緒に作品を作っていたヘアメイクがいて、彼は本当に芸術性の塊みたいなやつでニューヨークに行っちゃって今シャネルとかで活躍してるみたいです。彼と一緒にウェディングをやったらきっとニューウェーブを作れたんじゃ無いかなと思う。もう声をかけられるような距離じゃなくなっちゃってるけど。彼の独創性って本当にぶっ飛んでてキラキラしていました。きっと彼の仕事はロボットには取られないな。ただ一般的じゃ無いから仕事にするのは難しいかな🤔

     

    10年後にはタクシードライバーの仕事は無くなってるという話。要するに車は全て自動運転になる。ということは、運転免許は要らなくなる。ということは教習所は軒並み潰れていく。運転できない人も車を持てる時代になる。ということです。

     

    そういえば昔は駅で切符を駅員さんが切ってたんだよなっていうのを思い出しました。あのリズミカルな切符切る音は僕は結構好きだったんですよね。なんか無駄にカチカチやってましたよね。

     

    どうにかKnotも時代についていけるようにしないとなと思っています。スタッフみんなを食わせないといけないので。IT部門を立ち上げますかね。

     

    さて、現実に話を戻します。毎日少しずつですが、いろんな方から連絡があり今月も人と会うことが増えています。ウェディングフォト以外の仕事も今後増えるのかもしれません。今日きた連絡はだいぶ気持ちが上がりました。先週から気持ちが上がらずにはいられない話がきてます。Knot今年はどうなるかな。

     

     

     

    この写真はうちのぬか床です。真ん中にちょっと見えてる白いのは大根です。

    20代の後半に作ったぬか床もう10歳越えたくらいだと思いますが、今抜群に美味しいです。今年の冬は特に良いです。冬はだいたい調子を崩すのですが、もうかなり乳酸菌が安定しているのだと思います。

    今日は少し産膜酵母が出始めていて天地返しているので、あと数日したら少し指を入れただけで綺麗なオレンジ色になると思います。うちのぬか床はただの米ぬかと塩だけです。それでこんなに甘い香りと深い味わいを引き出す。ここまで来るのに10年です。

     

    僕の写真歴も今年でもう20年です。同じことを諦めずに続けていくと深い味わいが出てくるものでしょうかね。僕の写真はどうでなのかな。僕は写真を諦めなかったので、そうなってくれてたら嬉しいですけどね。

     

    結論、世界がこの先どうなってもそこそこ面白いんじゃないかなと思います。

     

    最後まで読んでいただいてありとうございました。

     

    話が飛び飛びですみません。だいたい晩酌の終盤で書き始めるので。。🙏

     

    Hitomi

     

     

    | 日々のこと | 23:11 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする