CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
WEBSITE
Twitter
MOBILE
qrcode
<< 結婚式を作ります | main | α9にするか、Macにするか >>
さすがは秋です
0

    さすが繁忙期、スケジュールがみるみるうちに埋まっていく日々です。

     

    雨が続いていてだいぶ涼しくなって来ましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

    私は日々の撮影や業務をしながら、商品開発やKnotで撮ってもらう新しいカメラマンとミーティングしたりしていました。

     

    そんな中10月の後半にデラックスプランのご注文をいただきました。挙式披露宴2次会、そしてエンドロールムービーに記録ムービー、新しく商品化したウェディングアルバム のEmotionのご注文をいただきました。Knotで現状最高のフルセットでのご注文が入りスタッフ一同気合が入っております。

     

    ルームの前撮りや契約会場の撮影なども入っておりなかなかタイトなスケジュールですが、約1ヶ月前にも関わらずカメラマン全員スケジュールなんとか確保できたので良かったです。

     

    私はすでにもうお二人と先日打ち合わせをして来ましたが、素敵なお二人で、写真や映像をとても大切に考えておられるなという印象を強くもちました。アルバムデザイナーがエモーションが商品化されて第一号ということもあり最高のものを作ると意気込んでおりますので、仕上がりが今から非常に楽しみです。本当に優秀で頼もしいクリエイターが集まってくれてKnotを作った者として非常に嬉しく思っています。

     

    スケジュールだいぶ埋まっていますが、まだ空いているところもありますので撮影をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

     

    繁忙期に向けて気になっていた新たにフラッシュを導入しようと思います。

    バッテリーが独自設計のリチウムイオンバッテリーになっていて、通常の単三電池4本のものに比べてチャージがかなり早いということで、シャッターを無駄に切らずにすみそうかなと思っています。

     

    あとできればデスクトップのMacもそろそろ新しくしなくてはと思っています。

    選択肢が多数あるので、今悩んでいるところですがMac miniにプロモデルが出るかもしれないという噂があるのでそれを待ってから決めようかと思っています。おそらくモニターも新調です。ワクワク。

    新しい仕事道具のことを考えるとどうしてもエキサイティングな気持ちになってしまいます。

     

    企画段階ですが、少しあとの話になりますが、婚礼のシーズンオフに限定しておそらく来年の一月、二月あたりにフォトワークショップを開こうと思っています。場所は鎌倉、あるいは横浜になります。こちらに関しては講師が私含めて数名おります。プロカメラマンから直接指導を受ける機会なので、写真を上達したいと思っている方は是非ご参加いただければと思います。詳細はまた近くなったらウェブサイトやブログ、インスタグラムでお知らせしようと思います。

     

    最後に、すでにインスタの方にはアップしておりますが、業務提携しているドレスショップ The Room for Bridesの前撮りから1カットご紹介します。

     

     

    こちら横浜三渓園での前撮りで撮影は瞳でございます。

     

    今年新しくKnotの機材に仲間入りした70-200mm f2.8GMで撮っているのですが、びっくりするほどのボケでお二人が浮き出たような印象を与えます。友人は合成写真じゃないの?と言っていました。鮮やかな色打掛も綺麗に色が出ていて美しい一枚になりました。お二人は11月に私が当日のお写真も撮影させていただくことになっておりまして、すでに前撮りで仲良くなっているので当日も非常に楽しみにしているのです。

     

    三渓園は大人気で、ルームから撮影の依頼がいくつか入って来ています。

    Knotでも、しっかりと前撮りのロケーションごとの商品化を進めてまいります。

    Knot独自でロケーション用の衣装も揃えていきたいと考えております。

     

    また別のお写真もブログの方でも紹介させていただきます。

     

    それではおやすみなさい。

     

     

    | Knotのこと | 23:33 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする