CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
WEBSITE
Twitter
MOBILE
qrcode
新しいlightroomについて
0

    少し専門的な話になります。

     

    knotでは撮影する写真は全てRAWファイルで撮影してライトルームというソフトを使って全て現像を行なっています。

     

    現像というのは簡単にいうと色や明るさなどを最適な値にするということです。その最適な値というのもフォトグラファーによって違って来くるのでそこでフォトグラファーの個性が出ると言ってもいいと思います。通常のデジタルカメラというのはカメラに入っているコンピューターがその現像作業を代わりにやってくれているのです。

     

    僕の仕事をして来て見てきた感じだとこの現像作業をしていないフォトグラファーはいっぱいいてカメラ任せにしている。というか仕事の手間を省いている人が多数いました。そうじゃない人もたくさんいます。

     

    現像をするのとしないのとどちらがいいのか、ということは一概には言えません。カメラの設定や、撮り方だけで理想的な写真ができる人はいいのですが、なかなかそうもいかないのがウェディングフォトではないかなと思うので(一瞬の判断によるので)なかなかそうもいかないのではないかなという気が僕はしています。

     

    RAW現像には時間がかかります。特にウェディングフォトは撮影枚数がものすごく多いのでさらに他のジャンルのフォトグラファーに比べて時間がかかると思いますが、手間を惜しんで仕事をすべきじゃないと僕は思っているのでこれに関してはしっかりやっています。

     

    何が正しいのかということが写真の世界では明確ではありません。

     

    ただ仕事においては効率化を進めるということは正しいと僕は思っていて、新しいもので効率化が進みそうだと思うものは積極的に取り入れています。

     

    実は今月、写真の現像をするソフトがリニューアルされました。adobe lightroomというソフトを僕は使っているのですが、これがクラウド化されたソフトが出たのです。それで今週末たまたま撮影がなく時間があったので使ってみました。

     

    それについて、興味のある方のみご覧になると思うので、また別途書いていきたいと思います。

     

    使って見て良かった点、悪かった点、などなど。

     

    | カメラや機材のこと | 14:31 | comments(0) | - | pookmark |
    α9予約の話。4月のテンダーハウスでの結婚式の話。
    0

      あっというまにもう5月が目前に迫ってきましたね。

       

      すいぶん久しぶりのブログ更新になってしまいました。反省。。

       

      4月の初めにKnotで撮影させていただきました白金台テンダーハウスでの結婚式。

      とても素敵だったので、写真の方を徐々にアップしたいと思います。

       

      ですがGWは私は撮影でほとんど埋まっており、なかなかアップしている時間がないと思っています。

      おそらく今年の後半少し落ち着くと思うのでKnotのホームページのリニューアルも夏くらいには進められるかなと思っています。

       

      Knotではムービーカメラマンが1人増えまして、テンダーハウスでの撮影にはエンドロール、記録ムービー、そして私が挙式披露宴のスナップと3カメで撮影をしました。ムービーは今後も力を入れていきたいと考えております。

       

       

      今日は、カメラの話をしたいと思います。

       

      α9というカメラがソニーから発売されます。

      1台50万円のプロ用のカメラです。

       

       

      私、本日予約しました!!

       

      もうウンチクを語れば長くなってしまうのですが、今まで苦手だったものを克服した素晴らしいカメラに仕上がっているということでソニーの技術を集結した素晴らしいものになっているという話です。

       

      というわけで、これからKnotの主力カメラはα9になります。プロとしてこのカメラを使ってウェディングを撮れることにとても興奮しております。

       

      Knotはできる限りいいカメラでいい写真を撮りたいと思っております。

       

      全てはお二人のために!!

      | カメラや機材のこと | 23:17 | comments(0) | - | pookmark |
      SONYプロサポート
      0

        なかなか時間がなくてブログやホームページが更新できていません。

         

        先日SONYのプロカメラマンのサポートへの入会書類審査を無事に通過しました。

         

        これに入会できるということはSONYから正式にプロカメラマンとして認められるということです。

        CanonもNikonも同じようなものがありますがSONYのプロサポートができたのは最近のことです。

         

        要するにこれができたということは、プロカメラマンが使うことを想定して機材を作り始めているという意思の表れだと私は思っています。ずっとSONYを使い続けている身としてはとても嬉しく思います。ウェディングでもSONYは使えるということをアピールしていきたいと思っています。

         

        私はすべての仕事においてSONYのαシリーズに対して仕事の道具として、信頼を置いています。これからも使い続けていく上で、様々なサポートを受けられる入会は私にとって、Knotにとってもそうですが必須だと思っています。最終審査はSONYの方との面談になります。近々SONY本社へ伺って面談を受けてくる予定です。

         

        現在アルバムを制作しています。

        これらの仕事がひと段落したら、ホームページの更新かなと思っています。

        いろいろなページにおいて大幅に更新するつもりです。

         

        人と会う約束も急に増えてきました。そういう時期なのかもしれません。

         

        あまり面白いことが書けていませんが、今日はこの辺で。

         

        JUGEMテーマ:SONY

        | カメラや機材のこと | 23:04 | comments(0) | - | pookmark |
        ニューレンズ!!G Master 24-70 f2.8とピョコタンの話。
        0



          ソニーストアから今日届きました。
          24-70f2.8 G Masterです。
          昨日発売なのでもうすでに手にされている方も結構いるようです。ツイッターでも喜びと興奮の声が上がっているのを目にしてワクワクしていました。

          今日来月の撮影のテスト撮影を先ほどしてきました。
          AF早いと思います!
          描写に関しては来月に入って実際に撮影してみないとわかりません。

          とにかく前玉がでかい!!82mmのツァイス保護フィルターも買ってつけましたが、でかいですね。棍棒みたい。

          とにかく来月からの撮影のメインレンズになります。オレンジに輝くGのマークが輝いています。(αを使っている人には輝いているはずです)今年一番活躍してもらいます。

          というわけで、5月からKnotに依頼されている方!楽しみにしていてください!!

          今日は、1日家でアルバムを作っていました。久々にアルバム制作をしたのですが、もうサクサク作れます。写真もなんでもそうですが、仕事というのは手に覚えさせるのが一番です。手は忘れません。一瞬戸惑っても,すぐに思い出して考えなくたって勝手に動いてくれます。

          ヘルニアになって一時歩けなくなったうちのボノですが、もう散歩に行けるくらい回復しました。
          まだ完治はしていないので、ぴょこぴょこという感じで歩くので、僕は勝手に「ピョコタン」と呼んでいます。普段仕事のときに実家に預けているのですが、母親がそれを聞くとかわいそうだからやめなさいと言います。

          でも響きがかわいいのでそう呼び続けています。かわいそうだと思うのはきっと母親がボノを擬人化しているからじゃないかと思います。僕は個人的にピョコタンと言う名前をボノも気に入っているのだと思います。結構ユーモアのわかるやつなのです。だって僕の犬ですから。

          まあ冗談です。
          本当は死ぬほど心配していたから余計に笑いが欲しいところだなと思って僕はそういうことをわざと言ってしまうところがあります。たまに度が過ぎて周りから怒られることもありますが、でもこういうユーモアが僕の原動力の一つなのかもなあと思うのです。

          もちろん、ボノには健康に長生きして欲しいと心から願っています。




          JUGEMテーマ:ウェディングフォト
          | カメラや機材のこと | 23:25 | comments(0) | - | pookmark |
          ソニーのファームウェアアップデートとカメラやレンズの話。
          0
            http://www.sony.jp/ichigan/update/

            SONYから新しいレンズ用のアップデートのお知らせがきました!

            2台ともレンズが来るまでにはアップデートしておきたいと思います。

            私は、基本的にずっと写真家として活動をしてきたのですが、その中で私の中のカメラの重要性というのはかなり低いものでした。もっと若かった頃は本当にカメラは写真に直結しないと言い切っていたほどでした。未だにそれが間違っていないかというと、私はそうは思いません。そもそももともと男性的な感覚がものすごく強い方ではないので、機械的なものに惹かれたりすることがそれほどなかったのだと思います。

            カメラやレンズのスペックに関してもこだわりなどそれほどありませんでした。ただ、感覚で撮っていたのでお気に入りのレンズというのはありましたし、使うカメラもデザインで決めていました。もともとファッションが好きだったので、その傾向が強いのかもしれません。

            ウェディングカメラマンを始めてからは、その感覚は少しずつ変わってきています。ウェディングに合う傾向というのがあります。写真に関して言えば、柔らかさと、ボケです。それは優しいイメージのウェディング写真にとってはとても重要になってくるのですよね。私はもともとパリで写真を始めたので、パリッとした固い感じの写真を好んでいました。

            私がウェディング写真を学ばせてもらった人は真逆の写真を撮っていました。
            おそらくどちらが正しいなんてことはないのかもしれません。でも大まかな傾向としては、日本では柔らかい優しいイメージの写真が好まれます。なので、knotでは新しいレンズを積極的に導入していこうと決めました。

            写真はレンズで変わります。いろいろな技術や経験もそれによって多く活かせることになります。カメラマンにとってレンズは資産です。

            正直なところを申しますと、新しいレンズにものすごい興奮したりはしないのです。私は、ただ仕事の道具として、おそらく次に買うレンズに関してはこの先ずっと相棒となると思うのでそういう気持ちで迎えようと思います。こういう書き方をすると擬人化しているような感じがしてしまいますが、人も物も可愛がると可愛くなっていくのです。

            パートナーも、子供も、私はアンティークやハンドメイドのグラスなんかも好きなのですが、そういうものも仕事の道具もそうですが、そういう気持ちで接していると輝いてくるものだと思います。いくらデジタルの時代になっても作っているのは人間ですから、気持ちが一番大切なのではないかと思う今日この頃です。

            JUGEMテーマ:カメラ
            | カメラや機材のこと | 10:34 | comments(0) | - | pookmark |
            | 1/3PAGES | >>